乳がん検診を受けるべき人

乳がんとは乳腺にできる悪質の腫瘍となっており、初期症状の段階にて治療を行うと完治が可能と言われています。 乳がんの発生は20歳を過ぎたころから発症するといわれており、30歳をすぎてからはさらに乳がんの発生率が高まると言われています。発症年齢が若いと癌の進行も早いため、早期発見のためにも乳がん検診を行うことが大切です。 乳がん検診は1年に1度の検診を受けることが望ましいといわれています。検診ではマンモグラフィーによる検査・触診による検査を行います。胸がないからと受けない方も多いのですが自己判断はできないため、しっかりと検査にて調べることがとても重要となり、1年に1回の検診を行うことにより早期発見・早期治療を行うことができるのです。マンモグラフィーは胸の大きさは関係なく検査をすることができます。 20歳をすぎてもまだ検診を行っていない場合には行うことが大切であり、また都道府県の市によりクーポンの案内がくることもあるため、そのようなクーポンを利用して検診を受けるというきっかけを作ることも可能です。 また日々自分の胸を触り変化がないかどうかを確認することも大切です。日々胸の変化を調べておくことで何か異変を感じた場合には早期に婦人科を受診することができます。

 

乳がん検診はどこでできるの

女性特有の病気として乳がんという病気があります。今、この病気にかかってなくなっている方もいるわけですが、乳がん検診をきちんと定期的に受けておくことで、初期のうちに治してしまうこともできますし、定期検診を受けることがとても注目されています。 自治体によっては、無料で乳がん検診をうけることができるところもあります。 乳がん検診については、産婦人科でも受けることができますし、自治体によっては、検診センターなどで受けることができるところもあります。年に1度、無料でできるところもありますので、各地域のホームページを参考にされてみてください。 やはり、検診を受けておくことで、初期のうちに発見することができれば、早い時点で対処することができる場合もあります。 自覚症状が出る前に検診を受けるということもとても大事な事ですし、何よりも、毎年受けるということが大事なポイントとなってきます。 手遅れになって悲しい思いをされている方もたくさんいますし、遺伝なども関係してくることでもありますので、もし身内の方、親戚の方で乳がんになっているという方がいる場合には、何も症状がなくても検診は定期的に受けていくということはとても大事です。